2015年3月3日火曜日

合格体験記~3.02Kの奇跡~

こんにちは。

学習塾FLAPS町田鶴間校の伊東です。

今回は、高校受験を終えたとある中三生の物語です。


********************


入塾したのは、一年前。

友達が先に入塾していたので、行ってみようかなと思った。

勉強はからきしダメだし。

入塾するとき、説明を聞いたら、私の成績では都立の高校に行けないらしい。

でも、実感なんてわかなかった。

一年後のことなんて。知らないよ。

だから、塾の先生にはがんばろうって言われた。

正直、よくわかんなかったけど、仲のいい友達がいたからまぁいいかと思った。

でも、勉強できないよりはできた方がいいとは思ってた。

通い始めてから最初の定期テストが終わって、

「あの子の成績上げてあげて欲しいって先生言われたよ。」って

塾の先生から言われた。

ついでに、こう言われた。

「みんなに愛されているね。がんばろう。」

ちょっと、泣きたくなった。がんばろうと思えた。


そして、夏休み前。夏休みに頑張る約束をした。

夏期講習は、朝から晩まで一日中FLAPSだった。

朝起きるのが、憂鬱でわざと遅れたりした。

塾の先生にめちゃくちゃ怒られた。

夏期講習の申込書を目の前に出されて「この金を、応援してくれる気持ちを

どぶに捨てるのか!」って言われた。

泣きたくなった。

「逃げるな!」

わかんない。私が逃げているのかどうかも、でも、しんどい。

次の日も行こうか、迷ってた。

そうしたら、インターフォンがなった。

「迎えに来たよ。」友達だった。ちょっと、泣きたくなった。

**************

いよいよ三年の二学期。

ここで受験で使う内申が決まるらしい。

行きたい高校には大分、足りない。

夏、講習の最初に受けた模試はさんざんで合格なんてほど遠かった。

「内申が上がれば変わるよ。」と塾の先生は言ってくれた。

でも、自信がない。

「まじめだからね。点数次第だよ。」

まじめ、そんなこと言われたことなかった。

塾の先生との作戦会議。これとこの教科は内申を上げようと話し合った。

でも、現実はうまくいかないよ。

ぜんぜん、とけなかった。

学校の定期テスト。初日が終わってもう、泣きたくなった。

塾に行ってしょんぼりしてたら怒られて、

「明日もある。やるべきことをやれ。」

わかってるよ。わかってるけどさ。

***********************

定期テストが終わったら、志望校を決める。

内申は上がった。でも、ちょっと足りない。

志望校を落とせば、行けるとこもあるけど、やっぱりこの高校が良い。

だから、推薦も受けることにした。

でも、推薦は落ちるってはっきり言われた。

倍率が高い。

ダメもとで受けてみようってお母さんに言われた。

自己PRを書いてみた。

何を書けばいいのかなんてわからない。

塾の先生に見せたら、

「ここに行きたい理由をもう一度よく考えてみて」って言われた。

何回も持っていった。

何回も返された。

何回も考えた。

わたしには夢がある。そのために、ここに行くんだと思った。

推薦は面接と作文と集団討論だ。

面接の練習は、上手く答えられなくてダメだしばかりだった。

集団討論は、自分の意見に自信がない。

作文は、赤い字で埋まって返ってくる。

何回も練習した。

何回もダメだしされた。

何回も作文を書いた。

ちょっとずつ、褒められて、できるようになって

「すごく成長したね。自信持って行って来い。」って言われた。



そして、わたしの番号はなかった。

学校に行くと、合格してる人もいた。

教室に居たくなくて、トイレに行くふりをして一度外に出た。

戻ってくると、手紙があった。

「ファイト!」もう、我慢できなかった・・・。

************************

あんなにがんばったのに、推薦はだめだった。

次は一般入試。

模試で合格判定が出なかったら志望校は下げろと言われた。

「着実に力はついてる。最後のラストスパートだよ。」

そう、励まされた。

次の模試。

でた。出たんだ。合格判定!

苦手だった英語は80点だった。

嬉しかった。

夏期講習と冬期講習の成果だ。

一日中、FLAPSで勉強してたあの…。

塾の先生は

「努力はうそをつかないだろ。」ってにやにやしてた。

「でも、気を抜くなよ。本番じゃないから。」

いけそうだ。でも、悪魔は着実に近づいてきてた。

私は気づいてなかった。

最後の模試。私は合格判定から転落した。

理社でやられた。

もう、時間がない。

焦りと不安。

なんにでも、すがりたい気持ち。

でも、なにに?

もう、やるしかなかった。

先に受かった友達はなぜか、FLAPSで勉強してた。

「どうしたの?」「高校行くから。」

もう私のいくつも先をすすんでいる。

私は…。

「…もあるけど、心配だから。わかんないとこ教えるよ。」

泣きたかった。ありがとう。

みんなが勉強を教えてくれた。

そして、本番。

やっぱり、難しい。時間はあっという間に過ぎていく。

答えをメモする暇もなかった。

帰り道、涙が出そうだった。自己採点は怖くてできない。

塾に行けなかった。

でも、電話が来た。「塾に来い。」有無を言わせぬ感じで行くしかなった。

そして、やっぱり。自己採点だった。

「逃げるな。」

自己採点していく。○がつかない。いやだ。いやだ。

隅っこにいって泣いた。

笑いながら、泣いた。友達が抱きしめてくれた。

塾の先生たちは言う。

「頑張って解いたんだな。メモする暇もなく。」

「記述のところがわからないから、本番を待つしかないよ。」

「これから生きていく中でその努力はうそをつかない。」

眠れない日々が続いた。

****************************


合格発表……。

貼り出される。息ができない。



私の番号は5018…。探した。


5015


5016


5017








…5018。

あった!!!!!

塾の先生は

「努力はうそをつかないだろ」

って、にやにやしてた。












********************