2015年5月11日月曜日

整理整頓で頭もスッキリ!

小中学生の皆さん、机の上はきれいに整理できていますか?


FLAPSや学校で、机の上がゴチャゴチャになっていると、「きれいにしなさい!」と注意されたことがある人もいると思います。
「なんできれいにしないといけないのだろう?」と疑問に感じた人もいるかもしれません。


それには、大きな理由があります。今回は、それを伝えたいと思います。


ズバリ言うと、

机の上の状態は、頭の中の状態を表している


からです。

机の上が散らかっている人は、勉強などをする際にも色々なものが目に入り、自然と気が散ってしまいます。

また、テキストや配られたプリントなど、「どこにいったんだろう?」とわからなくなってしまったり…。

そのため、頭の中で覚えたことなども、整理できていません。

勉強した内容も、テスト等でそのまま同じ形で出てくればできますが、違う質問のされ方をしたり、応用問題になると、わからなくなってしまいます。

頭の中の引き出しがまぜこぜになってしまっているため、どれをどこで使えばよいのか、という応用が効かないのです。

机の上の散らかりは、そういった頭の中身をまさに表していると言えます。



逆に、

机の上が整理できている人は、頭の中がきちんと整理されているので、覚えた内容を使いこなせたり、覚えたこと同士をつなげてさらに理解を深めたりすることもできます。

勉強の効率もだんぜん良くなります。

さらにそれだけでなく、きちんと整理整頓ができる人は、勉強をする時とそれ以外の時の、メリハリも上手につけることができます。

机に座れば、勉強に必要なものだけが整っており、すぐ勉強モード。

余計な気が散りません。

勉強の計画も立てやすくなり、行動そのものがきちんとしてきます。








さて、

中学生であれば、もうすぐ中間テスト・期末テスト


ですね。

整理整頓はまさに、そこに繋がっていきます!

机の整理も、覚えた内容の応用も、勉強のメリハリも、同じ人間のやることです。

何か一つが大ざっぱになっていれば、全部大ざっぱになっているはずです。

逆にきちんとできていれば、全部きちんとできています。



さあ、ごまかさずにしっかりやっていきましょう!